HP班長のゆるり絵描きのお話。~絵を描くときに行き詰ったら~

どうも、Assassinです。
皆さん、歓迎会はいかがでしたか?
先輩や同期や後輩と馬鹿話ををしたり笑いあったりと楽しい企画でした!
外交の皆さん楽しい企画をありがとうございました!!

さて、今回はもしも絵を描く時に行き詰ったらの対処法を紹介します。

絵を書く時、必ず当たってしまう壁があります。
「思うように絵が描けない」「疲れてしまった」
元々趣味で始めたイラストですが、行き詰ったら結構苦痛を感じます。私も何度かペンを投げるような思いをしましたが、なんとか自分なりの対処をして持ちこたえてます。
漫画研究部員に何人か尋ねたところ、大体2つに絞られました。

*絵を描かない・別のことをやる*
苦痛の中で絵を描くのはある意味拷問に近いものです。ならばきっぱり切り捨てて作業を止め、別のことをやった方が気分が持つものです。
例えば、「何かを食べる」「本を読む」「体を動かす」「ゲームをする」「音楽を聴く」「寝る」
絵を描かず、また別のことをして気分を変えたりします。
そしてまた絵を描きたくなったら描く、主に疲れてしまった時のの対象法です。

私が絵に行き詰ったときはよく体を動かし、すっきりした状態に戻してからまた絵を描いています。
大体こんな感じです。

IMGP0366.jpg

なにかと行き詰ってしまった・・・。

・・・・・・、

ちらっ・・・、
IMGP0365.jpg

・・・・・・、

よーし50kmサイクリングいきましょう!(AM0:52)
体を動かし、一度頭の中をリセットして挑めば、また上手く描ける事があるので活用しています。


*他の人の絵と比較する・描き方を取り入れる*
絵を描いていれば自分の描き方では思うように表現できない所があります、それは自分の描き方がまだ上達していないか、その描き方では表現が難しいかの二つです。

もしもこれが当てはまるのならば、他の上手い人の絵を観て技術を真似る、悪く言えば盗む、取り込んでしまう方法や、自分の描き方を思い切って変えてみる方法が有効です。

ただしこの方法は生半可な気持ちでやらないことを推奨します。

生半可な気持ちで他の上手い人の絵を見ていると、その人が持っている技術が絶対に自分では表現できないと思えてしまったり、そもそもここまで上手くなれないと思い込み、気分が落ちたりするからです。

技術を盗むからには、長い時間をかけても絶対に盗む気力が要ります。

私もよくこの方法をやってますが、偶に自分の技量の足りなさを感じ、空しい気持ちになったり、ストレスが溜まったりで、危うく部屋の作業台をたたき割らんとするくらいの時もありました。
なので、しっかりとした気持ちで実践してください。

また、自分の絵柄では表現が難しい方は、一度自分の絵柄をがらりと変えて描いてみるといいかと思います。今まで描いてきた絵では見えなかった発見、発想が数多く見つかると思います。

主に思うように絵が描けなくなってしまった人に有効です。

以上、絵を描く時に行き詰ったらの対処法を紹介しました!

一つの物を極めようとするのは誰しも簡単なことではありません、数多くの苦痛や壁にぶち当たる事が必ずあります。
その壁を上手く対処できれば、今描いている絵はもっと上手く、個性的で魅力的な表現が出せると私は思っています。

このような物書きですが、少しでも力になれば嬉しいです。
皆さんの成長を期待しています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。