受賞者インタビュー

どうもみなさんご無沙汰です。久しぶりの更新でございます。前回から大分日にちが立ってしまいましたが、なぁなぁでやっていくのがこのブログのスタイルなんでどうか首を長くしながら見ててください

 今回は学文祭も終わったのでそのことについてと、A3の品評会も終わったので栄えある受賞者インタビューで書いていこうと思います!
 漫研は学文や香椎祭でB3,A3を描いてます。それを来場者に投票してもらい、表彰を行っています。今回はその受賞者にアンケートを実施し、話を聞かせてもらいました。
 
なんと今回は1年生がトップを独占という驚異の結果となりました!おめでとう!!
 入ったばかりで大変だったろうけど、こうやって取り組んでもらえたことにうれしく思います。これは負けてられんと上級生は思ったことでしょう(確信)

 今回はそのうちの一人「さっさん」に話を聞いてみましたよ!さっさんは前述のとおり新入生ながらも1位に輝きました!おめでとうございます!

斉藤

作品名:あの子どこの子不思議な子


1.この絵を描いた経緯、背景を教えてください。

昭和っぽさと少し超え朝のある絵が描きたかったからです。


2.描いていて苦労したところ、またはそれはどんなふうに苦労しましたか。

空です。最初は青空で明るくしていましたがなかなか雰囲気が出ず、四苦八苦していました。

でも結局はあきらめてべた塗したので、絵自体は楽に完成しました。


3.はじめてA3を描いてみて思ってみたことを教えてください。

緊張しました。人前に出す絵なので描いてる間は不安でした。


4.ほかの人の作品で気になったものはありましたか。

どの作品もすごかったですが、個人的に「通学路」がとても好きでした。


5.絵、キャラ、属性などあえて言うならどんなのが好きですか。

坊ちゃん刈りと、昭和ばら屋が好きです。


6.自分の絵に影響を与えた人はいますか。またはどんな絵に影響を受けやすいですか。

丸尾末広、大友克洋、松本太洋などのちょっとリアルタッチな作風の人に影響は受けたと思います。


7.品評会のコメントで印象に残ったものはありましたか。またはどんなコメントがありましたか。

「次回作に期待」 「黒い子と友達になってあげなよ」などがありました。


8.次回はどんな絵を描いてみたいですか。

次はもっと暗くて怖くて沈んだ絵を描いてみたいと思います。



 さっさん今回のインタビューに答えてくれてありがとうございました。次回作もぜひ頑張ってほしいとおもいます。

 学文祭は毎年やってますが、ある意味立ちはだかる一つの壁です。新入生にとっては新しい環境になったばかりなのに大変なイベントをこなさなくてまなりませんし、2年生は学年上がったばかりでリーダーを務めることになってきます。

 特に2年生は新しいこと、慣れないことばかりなうえ、上回生のああだ、こうだのと言われ心身ともに苦労があったと思います。漫研は大所帯な部ゆえまとめるのにはそれは苦労することでしょうが何も悪いことばかりではないので、いろんなことにチャレンジしてほしいです。


 着地点が分からなくなったのでこの辺で。。。

安心するのもつかの間?近じか前期末テストが控えています。さらに特定の人はコミックシティも控えています!ダブルブッキングです!!

 単位を落とすと後々シャレにならないことになるので絶対落とさないように勉強頑張りましょう

テスト勉強やだなぁ・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。