えもふり本編 読み込み

 前回で完成した絵を、いよいよえもふりに読み込んで動かしていきます。しかしながら読み込んだら問題なく動くわけではないので調節しながら作り上げていきます。


1.読み込み 

 えもふりHPからダウンロードした[EmoteMovieMaker]を起動します。起動したら、「ファイル」→「テンプレートを開く」→「v35基礎typeCテンプレ(以下略)」を開きます。

 ※今回描いたイラストは左を向いたイラストになります。さらに表情のパターンを多く使いたいので入門用テンプレではなく基礎テンプレを使いました。入門テンプレは簡単な表情しか表現できないようなので。こういうと元も子もないですが、えもふりをダウンロードすると説明用のpdfがついてくるので入門編はこれを見れば問題ないです。

テンプレートダウンロードページ


23.png  

「ファイル」→「PSDをインポートする」からイラストを選択します。するとこんなウィンドウが出てきました。

24.png


 「取り込みパーツ一覧」の赤くなっているところが何かしらのエラー、ということになります。レイヤーの名前が違っていたり、そもそもパーツが作られてなかったり。前者は項目を選択して、「PSDレイヤー」から当てはまるものを選択します。後者は気にしなくてよいです。もしくは枠が設定されてない場合があります。

 このままだと耳と尻尾が認識されてないので「新規追加パーツ」を押し、レイヤーを選択します。

耳:パーツタイプ「頭部→頭部同期→揺れ無し」

尻尾:パーツタイプ「胴体→胴体接着→揺れ有り」 

腕:パーツタイプ「胴体→胴体接着→揺れ無し」 と設定。

 

 このようにパーツを1つずつ確認していき問題がないようならインポートします。インポートしたときパーツが表示されないなら、もう一度「PSDをインポートする」をしましょう。

すると。。。。


26.png

このように成功です。

 

ええやん。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。