3月7日(後編)

これまでのあらすじ!!


3/7.5

九産ライダーオメガは九州産業大学漫画研究同好会に所属する27代目のライダーである。
彼は20数年にもわたる九産ライダーの歴史に興味を持ち、日々調査を続けていた。

UNKNOWN

そんなある日、初代九産ライダーについて知る人物から連絡が入る。
その人物とは当漫研の70年代OBでもあり、現在は長浜で企業の社長を務めている松本氏であった。
初代九産ライダーの情報を手に入れる条件としてオメガは氏の会社の商品とタイアップすることに…。


ライダーも変身完了、私もデジカメを準備しいよいよ同店のスタジオへ。
レフ板とストロボを使っての撮影。私は端の方で始終その様子を撮影しておりました。

3/7.6
▲邪魔にならないように自分は端の方に立っていました。
主役はあくまでライダーですので。

DSC01108.jpg
▲ハンドソーのような製品です。あまし写ってませんが持ち手に比べて刃が短いです。
戦闘員レベルなら一撃で倒せそう(死にます)。

DSC01142.jpg
▲インパクトドライバー。色違いが五種類ありまして、それも撮りました。
ピンクや黄緑などなかなかおしゃれでした。人差し指で隠れているところにライトが付いています。

DSC01157.jpg
▲もう一枚。さしずめ『オメガインパクト』ってとこですね(偶然とは思えません)。


DSC01196.jpg
▲お待ちかね、なんかすごく大きくてゴミを吸ったり逆に空気を吐いたりする装置。
前編でネタバレをかましてしまいましたが、それでもめげない心が大事です。
実際に装置を作動させましたがそのせいで私の髪形が変わりました。
具体的に言うと空気を頭に喰らってしまいオールバックに。
これさえあればラスボスも一撃ですね。

DSC01182.jpg
▲もう一枚。どーん。
(この数秒後に吹き飛ばされる)

DSC01223.jpg
▲無事撮影が終了。こうして私たちは松本建築金物店を後にしました。
貴重な体験、本当にありがとうございました。

ちなみに、こちらのblogで今回の写真の完成版がご覧になれます。
マツケンのマニアックフィールド

博多の料理屋やおいしいお店などの情報も発信しておられます。
実際にお会いして分かったことですが、とても若々しいお方でした。
私もいつまでも若々しい生き方がしたいものです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。